片桐農園日記 *seaのポノポノ便り*

seahtc.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:山( 12 )

ニペソツ山

ニペソツ山(標高2013m)

4年前挑戦しに登山口まで行ったモノの小雨のニペソツ
天候が悪いと基本登らない…軟弱夫婦は
即撤退を決めリベンジを誓ったのでした!

2013標高年の今年、今でしょ!じゃないけど
ちょうど週末の天気と夫のお休みが合ったので登ってきました。

三国峠のパーキングエリアで前泊
意外にも熟睡ができ(夫は寝入りの暑さ?と夜明けの寒さで熟睡できず…)
テンションUPで、十六ノ沢コース登山口を6:00出発
b0214542_178060.jpg

静寂の樹林帯
b0214542_12354017.jpg

雲海だ〜♪
b0214542_1236252.jpg

樹林帯を抜け、小さな岩場を巻いて
b0214542_12363110.jpg

ダケカンバとエゾマツの林を抜け
b0214542_12365852.jpg

目の前に前天狗
b0214542_12381129.jpg

ひたすら登って
b0214542_12384895.jpg

b0214542_12392898.jpg

やっとこさ前天狗到着、
b0214542_12403439.jpg

ここに着いて、目の前に天狗岳とニペソツ山をとらえることができる。
b0214542_1248914.jpg

少し下り、岩場とハイマツが連続する天狗岳に登ると
どど〜んと、カッコイイお姿のニペソツ山が目の前に迫ってくる!
b0214542_12502135.jpg

と…同時に、天狗岳からニペソツ山に向かう、
ジェットコースターみたいな下って登ってという、ほぼ垂直のコースが見える…

まずは天狗岳を下って、あと1キロね
b0214542_131274.jpg

山頂や東壁を見ながらとにかく登る登る
b0214542_1374439.jpg

1キロという距離が長い
最後の最後にずっと続く上り坂
やっとの思いで山頂に到着で登り6時間
b0214542_1382627.jpg

休憩と昼食をとり山頂を後にする時が…

今までいくつか山に登ったけれど、降りるのがもったいないと感じる山でした。
なんせ、また来た道を下るのですから…
山頂出発が12:45
秋の日没はどんどん早くなってきているので焦りをかんじつつ
足もとに気をつけつつ、ひたすら足を進める。

とにかく下りも長く、
途中岩場で気持だけでもテンションを上げ
b0214542_13222252.jpg

日が沈みかける手前の17:30に登山口に無事到着

疲れた身体と汗を流すため糠平温泉に直行したのは言うまでもありません。

2013標高年に登ったニペソツ山
印象深く心に身体に刻まれました。
ほ〜ぽのぽの
[PR]
by sea-htc | 2013-09-25 13:31 | | Comments(2)

小さな山ガール

b0214542_8565029.jpg

小樽の塩谷丸山。
標高629mの低山。

山頂から見える海と反対側の羊蹄山を望みながらコーヒーを飲む一時がたまらない。

そんな大好きな山に黒岳に一緒に登った女子達と、
今回は小学校2年生の山ガールと登りました。
b0214542_8583983.jpg

秋の山の空気には静寂を感じます。
日射しも柔らかく大好きな空間。
b0214542_756414.jpg

久しぶりに出会った綺麗なカタツムリ。

b0214542_902048.jpg

小さな山ガールも頑張って登頂し、
登れた自信と山頂の景色の感動、
ちょっぴりの冒険をしてルンルン気分♪

大好きな空間を楽しい仲間で過ごす。
幸せだなぁ
ほ〜ぽのぽの
[PR]
by sea-htc | 2012-10-08 09:08 | | Comments(2)

黒岳登山記録会

9月の始め
晴天の黒岳に行ってきました。
b0214542_12592195.jpg

黒岳登山記録会
記録会といってもスピードを競うモノでなく
登ることを楽しむイベント

参加料2500円
ロープウェイとリフト往復代
記録賞と参加賞のTシャツまで当たるという
実はと〜ってもお得な至れり尽くせりのイベントです!

去年は雨で順延したのもあってか
晴天に恵まれた今年は受付に長蛇の列
b0214542_12584989.jpg


今回は縁あって出会った山女子達+男子+我が家の6名で登山
b0214542_18104412.jpg

楽しく安全に登れることを目標にしたの〜んびり登山隊

いつもは相方と2人の山行が多いため
気の合う仲間と登るのはとても新鮮!

食いしん坊の我が家
今回も山頂で山カフェをOPEN!
カフェは好印象!水を2リットル背負って良かった♪
ライ麦パンに奮発したゴーダーチーズをのせてフライパンで焼いて
旨しっ!
旨すぎて写真を撮ってなかった…トホホ

お天気が良かったので石室へ行く女子チーム
山頂でお昼寝チームとの〜んびり時間を過ごし
b0214542_1893514.jpg


ゆっくり安全に下山しました。
b0214542_1305876.jpg


また楽しみたいね♪
ほ〜ぽのぽの
[PR]
by sea-htc | 2012-09-13 18:23 | | Comments(2)

シュンベツ川

エゾトウウチソウ
b0214542_8542914.jpg

日高地方シュンベツ川

2泊3日の沢登り&キャンプ

初めて経験する沢登と川沿いのテン泊は
まるで子どもの頃、いろんな経験をしたような大冒険の連続!

上流へ向かう足取りは川の流れの抵抗を感じ
身体のあらゆる神経が注がれる。
b0214542_934677.jpg

川底の深いところは泳ぐか、安全に渡るか

岩場は登ったり渡ったり
b0214542_953630.jpg

天候で変化する自然を読み取り
いろんな技術を集結しないと立ち入れないのが沢

上流の川は川底が見える清流
30年数年ぶりに握ったビギナーの竿にも幸運が
b0214542_96102.jpg

15㎝ほどのイワナが釣れ

今宵の宿地で木を集めて焚き火
b0214542_938563.jpg

釣ったばかりの恵みをいただく幸せ
雨の音、川の音、動物たちの気配…
様々なモノに抱かれながら夜を過ごす

緊張の連続だけれども
仲間と過ごす時間が笑顔を運び緊張を緩め
b0214542_95518.jpg

時々出会う花々に心がホッとする。

ダイモンジソウ?
b0214542_9224767.jpg

ミソガワソウ
b0214542_9291540.jpg


沢から上がり、人里に触れると緊張は解け
自宅に戻ると豊かさを感じる。

よく「なんでわざわざ、そんな所に行くの?」って聞かれる
たぶん自分が生きているコトを確認するために行くのかな

文明の豊かさ、様々なストレスで忘れそうになる
自分が地球という大地の1点で生きているということを

な〜んて格好よすぎ?

でも、初めて大雪山の頂きに立ったとき
「自分はこの大地に生きてるんだ〜」って感じたことは正直な気持ちだと思う。
晴天の頂きから見る果てしなく大きな大地を見ていたら
悩んでいたコトが小さくなり、少しだけ強くなれた。

生きているコトに疲れた人や、グルグル悩んでいる人を感じると
「皆、山に来ればいいのに」って思う

余計なお世話だけどね…

でも肉体と自然は細胞レベルではつながってない?
だから時々、文明のストレスに浸かった身体には自然の力が必要だと思う。

b0214542_913488.jpg


最後に2泊3日の大冒険に案内してくれ
いろんな仕掛けやサプライズを考えてくれた
ベテランの先輩方に感謝々です!

ありがとう日高!ありがとうシュンベツ!

また行けるかな〜でもお手柔らかに…
ほ〜ぽのぽの
[PR]
by sea-htc | 2012-08-10 10:20 | | Comments(2)

5年越しの恋

b0214542_6421681.jpg

白雲岳からみるシマシマ雪渓

この風景を5年前に知ったとき会いに行きたい!って恋をした!

2年前に会いに行ったときは体力切れと雨で撤退…
今回は体力も天気もイイ感じで
赤岳の山頂から大雪山系の雪渓を見たとき期待は大きくなり

白雲の山頂に到着して
この風景を目の前で見られた時
「うわぁぁぁっ!」
と歓喜の声を上げ拍手までしてしまい
山頂で静かに休憩していた登山者を驚かしてしまいました…

でも5年越しの恋がやっと成就♪
自然の力に感動して涙がでるって本当にあるんですね〜

b0214542_636887.jpg

銀泉台から赤岳ー白雲岳の山行は終始お花見
の〜びり写真を撮りながら5時間かけて登り
b0214542_724152.jpg

b0214542_772273.jpg

b0214542_636495.jpg


私たちが着いてしばらくすると雪渓の風景はガスの中…
白雲岳山頂での〜びり昼食&休憩をして
b0214542_74629.jpg

本日はホットサンド、食後にコーヒーです。

山頂はけっこう虫がいるのね
b0214542_742821.jpg

下山開始にガスの切れ間がでて再度見ることができたり
なんだかとっても幸運な9時間の山行でした!

またシマシマに会いに行きたいなぁ
b0214542_6405488.jpg

待ってるよ!
ほ〜ぽのぽの
[PR]
by sea-htc | 2012-07-10 07:23 | | Comments(0)

エゾエンゴサク

b0214542_20272082.jpg

山に行きたい!

という友人を誘い
低山ながらも登った感がある八剣山へ

南登山口から登り始めると
知人に遭遇!
「西登山道はお花が綺麗でしたよ〜」

という誘いに下山は遠回りだけど西登山道へ
b0214542_20334194.jpg

エゾエンゴサク
b0214542_2034662.jpg

ず〜〜っとお花畑

花を愛で、出会った山菜採りの先輩に『雪笹』を伝授され
の〜んびりと下山
b0214542_20362415.jpg


初トンネル歩き
b0214542_20363713.jpg


帰りに札幌の旭が丘公園へ寄り道
b0214542_20383867.jpg

満開の桜
b0214542_20385379.jpg


遠回り寄り道はイイね
ほ〜ぽのぽの
[PR]
by sea-htc | 2012-05-04 08:00 | | Comments(4)

ノートラック

b0214542_21372717.jpg

ニセコです。
羊蹄山です。

羊蹄山に萌〜♪

b0214542_21372742.jpg

ニセコのB.Cはどこもかしこも
連日ノートラック状態

ありがとうニセコ
ほ〜ぽのぽの
[PR]
by sea-htc | 2012-02-19 21:37 | | Comments(0)

ダイビング

スノーダイビング
b0214542_22381624.jpg

札幌国際スキー場エリア
[PR]
by sea-htc | 2012-01-15 22:40 | | Comments(0)

本格的な冬の前に…

b0214542_23364794.jpg

北海道警察山岳遭難救助隊
ヘリコプター救助公開訓練

できることなら救助されたくないな…

万が一そうなったら
恐れず早めの救助要請の決断が大切だそうです。
どんな山でもちょっとしたことが命取り…

本日は本格的な冬を前に
 【安全登山を考える〜冬山遭難を考えるシンポジウム〜】
で机上のお勉強でした。

さぁ明日からまたポット詰め
ほ〜ぽのぽの
[PR]
by sea-htc | 2011-11-23 23:46 | | Comments(0)

至福の時と空間

b0214542_05242.jpg


b0214542_0572277.jpg


b0214542_0574717.jpg



小樽赤岩にて
ほ〜ぽのぽの
[PR]
by sea-htc | 2011-10-11 10:52 | | Comments(0)