片桐農園日記 *seaのポノポノ便り*

seahtc.exblog.jp
ブログトップ

シュンベツ川

エゾトウウチソウ
b0214542_8542914.jpg

日高地方シュンベツ川

2泊3日の沢登り&キャンプ

初めて経験する沢登と川沿いのテン泊は
まるで子どもの頃、いろんな経験をしたような大冒険の連続!

上流へ向かう足取りは川の流れの抵抗を感じ
身体のあらゆる神経が注がれる。
b0214542_934677.jpg

川底の深いところは泳ぐか、安全に渡るか

岩場は登ったり渡ったり
b0214542_953630.jpg

天候で変化する自然を読み取り
いろんな技術を集結しないと立ち入れないのが沢

上流の川は川底が見える清流
30年数年ぶりに握ったビギナーの竿にも幸運が
b0214542_96102.jpg

15㎝ほどのイワナが釣れ

今宵の宿地で木を集めて焚き火
b0214542_938563.jpg

釣ったばかりの恵みをいただく幸せ
雨の音、川の音、動物たちの気配…
様々なモノに抱かれながら夜を過ごす

緊張の連続だけれども
仲間と過ごす時間が笑顔を運び緊張を緩め
b0214542_95518.jpg

時々出会う花々に心がホッとする。

ダイモンジソウ?
b0214542_9224767.jpg

ミソガワソウ
b0214542_9291540.jpg


沢から上がり、人里に触れると緊張は解け
自宅に戻ると豊かさを感じる。

よく「なんでわざわざ、そんな所に行くの?」って聞かれる
たぶん自分が生きているコトを確認するために行くのかな

文明の豊かさ、様々なストレスで忘れそうになる
自分が地球という大地の1点で生きているということを

な〜んて格好よすぎ?

でも、初めて大雪山の頂きに立ったとき
「自分はこの大地に生きてるんだ〜」って感じたことは正直な気持ちだと思う。
晴天の頂きから見る果てしなく大きな大地を見ていたら
悩んでいたコトが小さくなり、少しだけ強くなれた。

生きているコトに疲れた人や、グルグル悩んでいる人を感じると
「皆、山に来ればいいのに」って思う

余計なお世話だけどね…

でも肉体と自然は細胞レベルではつながってない?
だから時々、文明のストレスに浸かった身体には自然の力が必要だと思う。

b0214542_913488.jpg


最後に2泊3日の大冒険に案内してくれ
いろんな仕掛けやサプライズを考えてくれた
ベテランの先輩方に感謝々です!

ありがとう日高!ありがとうシュンベツ!

また行けるかな〜でもお手柔らかに…
ほ〜ぽのぽの
[PR]
by sea-htc | 2012-08-10 10:20 | | Comments(2)
Commented by nabec at 2012-08-10 13:35 x
いやー、生きてるよね、生きてる。
Commented by sea-htc at 2012-08-10 17:33
一時はどうなるかと…
生きてて良かったよね〜(^^;)